読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいともし

ブログ名は適当、というか人のネタのパクリ。なんかいいの募集しています。

第8回つくオフ 参加してきました。

オフ ダブル

9月10日土曜日に筑波大学で開かれた、「第8回つくオフ」に参加してきました。
つくオフにはシングルでの参加が多いのですが今回はダブル。
前回もダブルではあったのですが、ルールはGS、というわけで全国ダブルのつくオフは初めてです。

行きはいつもの通り埼京線武蔵野線つくばエクスプレスの三連コンボ…ではなく、レンタカーを借りてもらって車でGO!
メンバーはミルミル、菊葉月、こてっちゃん、ダイナスト、リョウフフ、ゆぶね、自分。
道中で、飲酒したミルミルの暴走運転によってみんなしにました、おしまい。


まぁそんなわけもなく(SPLは飲酒に厳しい(?)サークル)3時間弱で埼大から筑波大へ行くことができました。
ちなみに、費用は7人で1800円程度(わけあって等分してではないですが)ですので、人数によりますがこっちのが安くは済みますね。
ただ、ちょい時間かかる、疲れる、事故のリスクが高い(かも)という点もありますが。

そんなこんなで無事10時頃筑波大学へ到着。
受付を済ませ、大会説明、自己紹介ののち、対戦へ。


ちなみにパーティは
ガルーラ@ガルーラナイト
スイクン@オボンのみ
化身ボルトロス@いのちのたま→きあいのタスキ(あとで意味がわかります)
霊獣ランドロス@こだわりスカーフ
キュウコン@じゃくてんほけん
ウインディ@ゴツゴツメット でした。

ダブル経験は少ないというのもあって、パーティを自分では作れないので、他の方のパーティをパクりました。ただ、完全コピーではなく努力値の若干の変更点があり、またキュウコンは一応オリジナル要素です。


普段は書くことがあまりないですが、今回はいろいろと凄かった気がするので、対戦の内容を書いてみます。


予選一戦目 vsおかけそさん
お相手は雨サナバレル。キュウコンは対雨のための採用なのでいきなり活きそう。
というわけで、ガルキュウ先発。相手はサナサンダー。
初手サンダーに猫、熱風を選択。しかし、キュウコン熱風両外し…。サナはハイボ。
2ターン目、相手のサナの方がガルより速くガルがなにもせず落ちる。苦しいなぁ。ここで†覚悟†を決める。
死に出しボルト。威張る!自傷!もいっこ威張る、自傷キュウコンとあわせ2体突破。
最後に残ったサナバレルをランドの地震、ボルトのめざパで突破し勝利。


予選二戦目 vsありよしさん
スタン+霰っぽいの。辛そうだからキュウコン選出。
初手ガルボルト。相手はガルミトム。
キュウコンを代え、ウインディを投げる。その威嚇、ゴツメを生かしアドを取る。
しかし、その後は集中を外されたり、同速負け怯みやまひるみもあり押し込まれて負け。一回だけ素麻痺でそこ動いていれば…というのはありますが、麻痺を受け入れた戦いをした時点で致し方なし。そもそも集中外しに問題あり。
また、この対戦でボルトの持ち物を間違えていることに気づく。


予選三戦目 vsダイナスト
対ガルスタン。序盤で相手の急所に2回攻撃をぶち当て、圧倒的有利を取るはずも、プレイングの甘さ+急所被弾で五分ちょっと悪いかもくらいの状況になってしまう。
困ったのでメガガルに威張る。相手ボルトに威張る。こっちにも威張られる。相手ガルの混乱が解けたので威張る。相手は自傷&こっちは一回も自傷せず&ボルトHP1で耐える&乱数ぽい怪しい攻撃で相手ボルトを落とす、とかいうクソ強運を発揮し勝利。


予選四戦目(予選最終戦) 対bittさん
勝てば自力で予選突破が決まる一戦。
対ガルスタン。初手、2手目をほぼ完璧に読み4対3の状況を作る。
しかし、相手に引きづらい状況を作られ、ガルーラを突っ張らせたため落とされる。
その後は相手にうまく押し込められ負け。
あとから振り返ると切る駒間違えた感が強く、プレイヤーの弱さが出たなという感じ。

ということで予選は2勝2敗。
決勝トーナメントにいけるかは、ダイナストの結果しダイとなってしまいました。

祈る。

さて結果は…


ダイナストが(運)勝ち!(らしい)

自分の予選突破が決定しました!

ダイナストは自分がクソ運負けした相手に自分の勝利によって予選突破をプレゼントするといるなんとも皮肉な結果に。

以前、ダイナストには名古屋旅行のときに家に泊めてもらっていたのでいい恩返しができましたねw。

恩は仇で返すもの。


というわけで決勝トーナメント1回戦 vsこんぴらさん
クチートスタン、とでもいえばいいのかな?
初手サンダーに威張ったら、無傷のA2段階上昇メガクチートとかいう化け物が誕生しました(?)。
試合を中盤はわりとうまくやられた感じがあって2-4の状況にされましが、その直前に打った追い風をうまくいかすことができ、勝利。威張る、雪崩を重ねて相手に追い風打たせなかったのもあって、それが大きかった。


準決勝 vsポールさん
まさかのポ四2連続。
試合は、お互いガル、スイクン、ランドを使って試合を丁寧に展開していくことに。
しかし、試合終盤、こちら側は厳しい状況に追い込まれる。
自分のもう一体はボルトロス
あとは…もうお分かりですね。
威張り散らかしました。
最終的に、45%の勝負になり、そこで分の悪い勝負に勝利!
その瞬間、喜びのあまり席を立って跳び跳ねてしまいました。
ポールさんへの挨拶の前にそのようなことしてしまって申し訳ないです。改めて、対戦ありがとうございました。


ということで、決勝まで進むことができました!
さっきから威張りまくっているのですが、それで勝ててしまっているのでほんとに運がいいですね。


そんなわけで、決勝戦。
お相手は、きんにくさん。またポ四かーい!!!!

その選出画面にて、存在感を放つ、ヤミラミ
ぼく「どうしよう、詰んでいない?」「ここまで威張って勝ってきたんですけど…」
そんな状況でとても辛かったのですけど、通せば何とかなるかもしれない程度には抗いました。しかし、そこで通すことができず完敗。順当にヤミラミに詰められました。

これはあとから聞いたのですが、威張るを素で自身のポケモンに打った方がよかったですね。そんなこと考えもしませんでした。勉強が足りませんね。


と、いうわけで。

結果は準優勝でした!!

ルールは違うのですが、つくオフでは第4回以来の準優勝です。
これはつくオフのプロ名乗ってはいいのでは?ぼくってつよいなぁ。


第4回つくオフ
予選2勝2敗
(しかも、予選突破をかけた試合で4%を引く)
決勝トーナメント2勝1敗

全体4勝3敗


今回
予選2勝2敗
(しかも、他人の勝利によって予選突破が決まる)
決勝トーナメント2勝1敗

全体4勝3敗


…ぼくって運がいいなぁ。


さらに、今回持ち物を間違えたことにより拾った試合が二つあります。

また、「いばる」を打った回数が全体で14回(打ち過ぎワロタ)、全弾命中。

恵まれてる。

まぁ実は同じ命中率の熱風・毒々はけっこうはずしているのでなんとも?

ただ面白いなと思ったのは、相手混乱下の行動回数は18回あり、そこで動かれた回数は9回。超運勝ちで4回くらいしか動いてないのかなーと思いましたが、確率通りでした。

そんな一次会でした。


一次会を終えたあとは、つくオフ名物(?)百香亭。
いつも以上に食欲がなくしんどかったw
ただ、会話はホントに楽しかったですね。周りにいた方々、ありがとうございました。


二次会後は、すぐに車で埼玉へ。
そのメンバーの何人かであまぜ邸へ。
他は遊んでいましたが、自分は寝ていました。(何しに来たんだ。←めっちゃ言われた。)


こんな感じで自分のつくオフは終わりました。


運営・参加者の皆様、楽しい時間をありがとうございました!



と、これだけでは日記。
ちょっとは考察の要素をいれたかったので、今回のパーティ唯一のオリジナル要素、キュウコンについて書いていきたいなと思います。


キュウコン@じゃくてんほけん

f:id:tomoshi9:20160926020104p:plain

〇ステータス
167-x-96-133-121-146

努力値
H148 B4 C252 D4 S100

〇配分意図
準速ウインディ-1 Cぶっぱ 残りH&実数値高くなるように。

〇わざ
ねっぷう・エナジーボール・にほんばれ・まもる


このキュウコンは主に雨(サナバレル)、霰に対して選出していきます。
ほのおの通りがホントに良ければ選出してもいいかもです。

雨(トノルンパ想定)相手にはガルと初手に出してトノのスカーフ判別をしてから、

スカーフ→ガルはルンパに猫など、キュウコン熱風なりエナボなり。色々できそうかも。
スカーフではない→ガルがメガシンカしてルンパに猫、キュウコン日本晴れ、と行動すると結構弱保を発動させてもらえます。

ただ、どちらもそれで絶対勝てるという行動ではなさそうですね。ピンポイント採用なのにこれではいけない気もしないでもないです。
けれども、使ってて雨相手には負けませんでした。

また危険な橋を渡る行動ではありますが、不一致いわなだれを受け弱保発動なんてこともできます。威嚇を入れれば一応二回耐えるっちゃ耐えます。


また努力値振りについてですが、耐久は割と足りている印象です。威嚇さえ入れればメガガルーラの攻撃も耐えてくれますし。
ただパーティの都合上、上記のSにしましたがこれでは最速ギャラドスと同速。
予選で同速勝負に負け、怯んで動けず、という場面があったのでCを1削ってSにまわした方がいいかもしれません(元はそうしていました。)。
Sの最低ラインは最速カメックス抜きかなと思います。

ダブル勢から見たら「よっわwww」と思われてしまうかもしれませんが、出した時はしっかり活躍してくれた印象です。実質4タテみたいなことをしてくれたりもして、使っていて非常に面白かったです。何かのアイデアのきっかけになってくれれば嬉しいですね。


それと「いばる」についてちょっと。
忌み嫌われているこの技ですが、少なくともシングル・ダブルであればクソ強い技だなーという印象を受けました。(ほぼ化身ボルトオンリーですが)
自分はダブルの経験が圧倒的に少なく、プレイングでよく上をいかれ劣勢に追い込まれることが多かったです。
しかし、そんな場面でも威張るひとつで逆転の可能性ができますし、それで拾った試合はかなり多いです。
化身ボルトの話ではありますが、他に絶対採用したい技もありませんでしたし(採用するなら草結び・挑発・身代わり・電磁波あたり?)、圧倒的に刺さる範囲は広いですし。

ただ、オフで使う場合は注意です。威張るで圧倒的な不利を状況を逆転して勝った時はめちゃくちゃ嬉しくなっちゃいますw。
喜び過ぎで相手に不快な思いをさせてしまうかもです。気を付けましょう(自戒)。
あと、ちょっと苦しくなったら選びたくなっちゃう†魔力†にも注意ですw。



これにて自分の第8回つくオフについての記事を締めます。
次回参加できるかは怪しいですが、是非とも参加させてもらいたいと思っています。優勝してみたいなぁw。


読んでくださってありあとうございました。