おいともし

ブログ名は適当、というか人のネタのパクリ。なんかいいの募集しています。

第7回SPLオフ優勝構築 「SPLオフ6→7~あかしかを継ぐ者~」

はじめに

3月17日(土)に行われた、関東ポケサー埼(最)大のオフ「SPLオフ」に参加してきました。そこで使用した構築の紹介です。ルールはVGC2018(アローラマーク付きポケモンのみの全国ダブルです)。

最初はコケコグロスを使ってみたいな~ということで準備をし、一応は完成し実際に潜ってみたら戦績は中々でした。

しかし、その中でサナガエンにボコボコにされ、なんか自分もつかいたくなっちゃたのでやっぱりそちらでいくことにw。

使用構築

f:id:tomoshi9:20180320002258p:plain

調整

サーナイト

f:id:tomoshi9:20170904220703p:plain

・ステータス
性格:ひかえめ
特性:(メガ前)トレース (メガ後)フェアリースキン
持ち物:メガサーナイトナイト

努力値:H252 B76 C36 D4 S140
実数値:(メガ前)175-x-95-165-136-118 (メガ後)175-x-95-209-156-138

調整意図:
Hライン ぶっぱ
Cライン  11n
Sライン  (メガ後)準速ジャラランガ抜き
残りB

・技
ハイパーボイス:採用理由。通りのいい高火力全体技
サイコショックジャラランガを殴れるようにとめいそうカプ・レヒレへの抵抗として
トリックルーム:相手S操作への対抗手段
まもる:大事に扱いたいので


ガオガエン

f:id:tomoshi9:20180320002956p:plain

・ステータス
性格:いじっぱり
特性:いかく
持ち物:マゴのみ

努力値:H172 A156 B4 D12 S164
実数値:192-170-111-x-112-101

調整意図: 
Sライン  おいかぜ後最速カプ・コケコ抜き
HDライン C161レヒレのWダメこだわりメガネだくりゅうを最高乱数以外耐え
Hを一応4n
残りA

・技
フレアドライブ:はがねへ通る高威力単体打点
はたきおとす:アイテムが分かれば立ち回り易くなるかと思って
ねこだまし:優先度は+3
まもる:取り敢えず数的不利をとられないようにするため


サンダー

f:id:tomoshi9:20160926182104p:plain

・ステータス
性格:おくびょう
特性:プレッシャー
持ち物:いのちのたま

努力値:H4 C252 S252
実数値:166-x-100-177-110-167

調整意図:
CSぶっぱ

・技
10まんボルト:命中安定単体技
ねっぷう:鋼へ通る全体技として。珠込みで雑な削りにも使えると思って
おいかぜ:S操作
みきり:S操作役で狙われ易く集中を防げたらおいしいと思って


カプ・レヒレ

f:id:tomoshi9:20170313192427p:plain

・ステータス
性格:ひかえめ
特性:ミストメイカー
持ち物:ミズZ

努力値:H196 C212 S100
実数値:170-x-135-156-150-118

調整意図: 
Sライン  準速ペリッパー抜き
H・Cライン 低すぎない程度

・技
だくりゅう:リスクはあるがリターンの大きい全体技。1回はZワザ化できる
ムーンフォース:通りが良く追加効果もおいしいタイプ一致単体技
めいそう:相手の冥想レヒレに一方的にやられないようにするため
まもる:この技以上に採用したい技がなかったので


ランドロス(霊獣)

f:id:tomoshi9:20160815181618p:plain

・ステータス
性格:いじっぱり
特性:いかく
持ち物:とつげきチョッキ

努力値:H236 A4 B44 D28 S196
実数値:194-182-116-x-104-136

調整意図: 
Sライン 最速メガバンギラス抜き
HBライン A192かたいツメれいとうパンチ最高乱数以外耐え
残りD

・技
じしん:カプ・コケコ、メガメタグロスへの打点
いわなだれ:メガリザYへの削り、運勝ち技。がんせきふうじと迷った
ばかぢから:対バンギ、地震を撃てないときのガエンに
とんぼがえり:威嚇の再利用のため


カミツルギ

f:id:tomoshi9:20170328174326p:plain

・ステータス
性格:いじっぱり
特性:ビーストブースト
持ち物:バンジのみ

努力値:H188 A4 B4 D252 S60
実数値:158-222-152-x-83-137

調整意図: 
HBライン A216タイプ不一致ばかぢから耐え。
HDライン c147エレキフィールド上10万ボルトZ耐え。
Sライン  自身のメガサナ-1

・技
リーフブレード:運勝ち可能なタイプ一致単体技
せいなるつるぎ:ミラー、ナット、カビ、あと一応ガエンに
つるぎのまい:メレラキに勝てるように
みきり:Zを凌ぐために。

個別コメント

f:id:tomoshi9:20170904231200p:plainサーナイト

味方を巻き込まず、ある程度の威力の命中安定の全体技を拘らずに撃てるのはこいつくらいでその点はやっぱりよかったです。しかし、現在メガメタグロスが流行っており相当不利を取ると思うのでしばらくはいいかなというのが本音ですw。この調整だとメガグロスのA-4アイアンヘッドからの同A-5アイアンヘッド耐えないってマジかよ(涙)。トリックルームに関してですが、こいつで撃つのは不安で仕方がなかったのですが、これ以上の技が他になかったこと、前のめりな構築に対してやっぱり猫+トリルの選択肢があると落ちつくことを考えると、これが無難なのかなと思います。あと使うの苦手なんだけど、バレルも併せて採用しなきゃいかんかったかもw。

f:id:tomoshi9:20180321004647p:plainガオガエン

突如解禁された威嚇枠。このおかげでサナガエンという並びが一層強くなりましたね。猫・威嚇・あくタイプ・叩き落とすこの辺がめちゃ偉いです。しかし、レヒレの濁流やランドの雪崩を誘うので、きちんとした構築を組まないと運負けじゃない運負けを頻発してしまうので気を付けていく必要があると感じます。チョッキ、Zなど持ち物に自由が利くポケモンだと思いますが、今回はマゴのみを持たせました。猫や威嚇のための後投げといったサポートをある程度雑にできるようにしたかったため、不発に終わるとまずいZストーンなどの火力系は今回は嫌で、耐久系の中でマゴを選んだのは、メガメタグロスのじだんだを受けた後も体力に余裕をもたせられるようにする、かつ、ハッサムにむしくいされても混乱させる可能性を残すためです(マゴはS下降補正の性格が食べると混乱。ガエンが意地のため、せめて相手がゆうかんなどの場合刺さればいいな程度の選択)。努力値配分がかなり怪しいポケモン

f:id:tomoshi9:20171207221232p:plainサンダー

今回あまり出せず、正直微妙に感じた枠。しかし、他のS操作が耐久に難のあるサーナイトのみで別にS操作ができるポケモンが欲しかったこと、全体的に遅めになってしまったのである程度速いポケモンが欲しかったこと、前回のサーナイト構築で対策を甘々にしてしまったテッカグヤに対して一致で弱点をつけるポケモンが2枚は入れたかったこと、これらの点を考えると他に代役も思い浮かばないので、悩ましいところです。今回珠で採用したのは、どんどん相手に負担を掛け、さっさと後ろに繋げられるようにするためです。

f:id:tomoshi9:20180321004632p:plainカプ・レヒレ

パーティに1体は入れたいカプ枠。その中でもこいつの理由は、サーナイトを採用している以上鋼がより辛くなるテテフ・ブルルは採用しづらく、コケコにしてしまうと相手のランドロスの処理が大変そうに感じたためレヒレに。今回ガエンのKP増えそうでいい対策になると思いましたし。持ち物は半分回復きのみが主流な気がしますが、圧倒的に強く出られるガエンから叩かれると体力の3分の1減ると思うとそれが馬鹿らしく感じたのでZを持たせました。Zとしては威力控え目ですが、耐久耐性のしっかりしたポケモンですので撃てずに終わることが少ない点、通りが比較的いいと思っているみず技を高火力でぶっぱなせる点はよかったです。

f:id:tomoshi9:20170904231425p:plainランドロス(霊獣)

サナの物理面の耐久補佐、レヒレに飛んで来るでんき技・ガエンに飛んで来るじめん技の引き先などの仕事が可能な言わずと知れたダブル最強ポケモン(最強というか最も便利のがしっくりくるかな?)。まあ無難に活躍してくれました。ただ先程も述べましたが、全体的に遅い構築になってしまったのでスカーフも一考かもしれません。その場合、周りにあまり浮いているポケモンがいないので特殊型のがいいのかな?

f:id:tomoshi9:20180321004622p:plainカミツルギ

バレルと迷いどころな枠。対雨に対して個人的にこちらの方が戦い易かったので今回はこちらにし、実際働くべきところで働いてくれたので取り敢えずは正解だったと思います。しかし、ここまでHD方面に振ってもC156雨下Zハイドロポンプは乱数ですので注意が必要。こいつそのもの自体に不満はなかったのですが、サナの性能をより引き出すためにここはバレルにしなければいけないのかもしれません。

選出

基本的には、f:id:tomoshi9:20170904231200p:plainサーナイト+カミツルギ以外の4体から選出です。
先発後発はご自由に、ただ耐性耐久を考えるとサナは先発が多いかと。

ジャラランガ構築にはf:id:tomoshi9:20170904231200p:plainf:id:tomoshi9:20180321004610p:plainサナレヒレを両方選出しました。
f:id:tomoshi9:20180321004622p:plainカミツルギは基本的に雨とメレラキにしか出しません。

初手コケコグロスにはf:id:tomoshi9:20180321004632p:plainf:id:tomoshi9:20180321004647p:plainレヒレガエン合わせて、コケコに猫+濁流Zで強引な対処をしていましたが、両守るされると辛いです(猫がその行動を誘いそうという懸念はありますが)。

戦績

第7回SPLオフダブルの部 優勝

2018 International Challenge March マスターカテゴリ 33勝12敗 レート1750くらい

QRパーティ

3ds.pokemon-gl.com

もしサーナイト構築を試したい方は使ってもらえると嬉しいです。

ただ、グロスを1発で倒せない&このゆび系の技がない&全体的にちょい遅めなので怯んで負け、という場面が度々訪れるかもしれないので使用時はご注意を。

オフの感想

色々運が味方しましたw。予選は立ち回りがかみ合い、幸運はあれど不運はありませんでしたし、決勝トーナメントに至っては相当よかったと思います。ポケモンというゲームは運が絡むものですが、もうちょい運に頼らないで勝てるようになりたいです。今回は運要素を押し付けられる構築でもなかったですし、他のオフでも優勝したいですし。

オフ全体としては、SPLオフ名物(?)の自己紹介タイムも楽しかったし(今回はちゃんと全年齢対象でよかったw)、対戦の合間の交流も楽しかったです。

あと個人的に考えないといけないかなというのが、声ですかね。勝ち進むにつれて、緊張と楽しさから対戦中に自然と大声を出してしまうのですよね。相手の集中力を削ぐなどといった意図はないのですが、人によっては気になるでしょうし。それと冷静になれていない証拠でもあると思いますし(実は会場に着く前は多少淡々とプレイしようとか思っていたのですけどね)。むずかしいw。

それと2次会も今までで一番楽しめました。優勝後だからってのも正直あると思いますが、前回までは情けないことに前日あまり寝れてなかったのですよね(構築準備のためや興奮のためw)。最後まで体がもっていませんでした。今回はぐっすり眠れしっかり準備できていたのがよかったのだと思います。その分睡眠時間を削って前日から遊ぶ選択肢をなくして全体的な楽しい時間も減っているともいえるので、自分の体調と価値観と相談して行動を決めていきたいですね。

超雑記(完全に個人の趣味で記述)

読んでも有益なことは一切ありません。
ただ自分が残しておきたかったことを書いています。

・パーティ名の由来
前回の第6回SPLオフでメガサーナイトを使用し準優勝だったのでリベンジするぞという意味を込めて。

あかしかを継ぐ者(さん)の部分は、TNを「すぎしか」で参加してなんか「しか」つながりでなんかいいかな~と思って。(赤鹿さんは所属していたサークルの先輩)

ちなみに、「すぎしか」って名前は『僕と彼女のゲーム戦争』というライトノベルに登場するキャラクターからとりました。面白いのでぜひ読んでみて下さい。

f:id:tomoshi9:20180325213340j:plain

(一応似せようとはしたなですがクッソ似てなくて悲しい)

・仕様に関して
自慢のニックネームをスクリーンに映したいからレーティングバトルじゃないWCSルールでもNN表示してくれよ~。

サーナイトカプ・レヒレのすばやさ
両者とも実数値118。初手に同時に出し、相手がレヒレ以外のカプを投げていると、4分の1くらいの可能性で相手のフィールド再展開という大事故に発展します。サナのBを1削ってSに回した方がいいかもです(放っておいたらINCでやらかした)(雑記ではなさそう)。

おわりに

というわけで、第7回SPLオフについての記事でした。
ずーと優勝したいと思っていたSPLオフで優勝できて最高です。

次回のSPLオフはおそらく9月くらいで、募集開始はその2、3ヶ月前からだと思います。あっという間に定員が埋まってしまうので、もし参加してみたいなと早めの参加をお勧めします(まあ実際はキャンセル待ちでも割と参加できるようになったりしますが)。

個人としては、次回のSPLオフでは連覇を目指して取り組みたいですね。


読んでくださってありがとうございました。



















SPLオフサクセスストーリー~SPL最弱の私が優勝に至るまで~

2015年3月9日、第1回SPLオフが開催された。ルールはorasシングルであった。
結果は予選落ち。つくオフで予選を抜けた構築で挑んだが、残念な結果となった。

しかし、私はそれほど落ち込んではなかった。
まだ大学2年生、学生のうちにSPLオフはまだ何度かあるはず。
そこで優勝するんだ…。
そう、思っていた。


だが、現実は甘くはなかった。


第2回からルールをorasトリプルに移して開催された。
どちらかと言えば得意なルールだ。意気込んでいた。

結果は…2勝4敗。予選落ち。
悔しかった。

第3回は3勝4敗で予選落ち。
なんでや、くそっ!

このままじゃいけない。
私はトリプルレートという厳しい環境に身を置き、自身を鍛えた。

そして、私はレート1位になった。
1位だよ1位。
1位ってことは、この世の全てのトレーナーは私より弱いってことだよw(違います)。
もうこれは予選抜けなんて余裕w。優勝どころか超優勝まであるっしょwww。

迎えた第4回SPLオフ。
私は予選抜けを確信していた。

それが落とし穴だった。

過去の栄光に溺れ、傲慢になっていた人間にこの世の何かが天罰を下した。

4勝3敗、予選落ち。
愕然とした。「予選落ち」この4文字が怖くなった。

さらに追い打ちをかけるように、


2016年秋、トリプル、消滅。


私はどうしたらいいのだ。
実力は上がっていた、実績も出した。
それでもSPLオフで結果はでなかったし、なんかトリプルが消えた。



もう、駄目なのか。
そう思っていたある日、サークルの同期からこんなことを言われた。

ミルミル「ともしざっこw。俺準優勝してるがwww。」
うぇいぱ「俺もだがwww」
菊葉月・こてっちゃん「ベスト8だがw」
あまぜ「予選も抜けられないのかよ~w」


何も言い返せない自分が悔しくて堪らなかった。


だが、この出来事が私の何かに火をつけた。
見返してやる、そう心に誓った。

それからの私は、燃えに燃えていた。
卒論を打ち倒し、東北の強者を薙ぎ倒せるほどに強くなった。
呪いの装備である〇玉大学からも卒業した。

もう、予選落ちに怯えるともしの姿はなかった。

第5回SPLオフ、ルールはWCS2017。
結果は4勝2敗予選抜け、決勝トーナメント1回戦落ち。

初めての予選抜けだった。
決勝トーナメントで勝利するまでには至らなかったが、確かな手ごたえを感じていた。

自信持って挑んだ第6回SPLオフ、sm全国ダブル。
そこに弱い私はいなかった。奢りもなかった。

次々と対戦相手を倒していき、とうとう決勝の舞台にまで登り詰めた。
栄冠まであと一歩だ。いくぞ、今回こそ。

ゆぶね「うーん、ダメw」

届かなかった。
まだ足りない。でも、あと少しだ。


私は更に自分を鍛えた。
レートに潜り、5世代トリプルにも取り組み(?)技術を磨いた。

これまで準優勝3回という何かの呪縛に囚われていた団体戦でも、チームを優勝に導けるようになった。
(個人戦績5勝4敗、導くとは)


あとはSPLオフで優勝するだけだ。


そして挑んだ第7回SPLオフ、ルールはWCS2018。


















はじめにへ戻る

こんな終わり方でごめんなさいw。
読んでくださってありがとうございました!