おいともし

ブログ名は適当、というか人のネタのパクリ。なんかいいの募集しています。

第6回SPLオフ準優勝構築 「リベンジ クリスマス・トライ」

はじめに

9月2日(土)に行われた、自分の所属していたサークルが主催のオフ「SPLオフ」に参加してきました。そこで使用した構築の紹介です。ルールは7世代全国ダブル。

構築を組むにあたって、まずメガに何を採用するかを考えることにしました。ここで選んだのはメガサーナイト。理由は特殊全体技を高火力で撃て4倍弱点がないため。

リザードンYとボーマンダはメガが4倍弱点に怯えながら戦うのが嫌で、ガルーラとクチートは基本的に単体技で威嚇を受けながら戦うことになり、立ち回りがシビアそうと思ったので控えることに。ということでメガサーナイトを軸に考えていきました。

使用構築

f:id:tomoshi9:20170904230353p:plain

調整

サーナイト

f:id:tomoshi9:20170904220703p:plain

・ステータス
性格:ひかえめ
特性:(メガ前)トレース (メガ後)フェアリースキン

努力値:H156 B4 C116 D4 S228
実数値:(メガ前)163-x-86-176-136-129 (メガ後)163-x-86-220-156-149

調整目安:
Cライン  H203D121のポケモンに対してWダメハイボが半分くらいのダメージ
Sライン  最速デンジュモク抜き
HBライン A-1補正有りAぶっぱメガガルの捨て身タックル耐え
HDライン 補正なしCぶっぱヒードランの珠ラスカノ耐え

・技
ハイパーボイス:採用理由。通りのいい高火力全体技
サイコショック:ハイボの通らない毒タイプやBの薄めな炎タイプに
めざめるパワー(地面):ヒードラン許すまじ。もうひとつ別の理由も(後述)
まもる:大事にすることもできるように


モロバレル

f:id:tomoshi9:20160815181634p:plain

・ステータス
性格:すぶとい
特性:さいせいりょく

努力値:H252 B196 D60
実数値:221-x-126-105-108-35

調整目安: 
HDライン 補正有りCぶっぱガルドのZシャドボ耐え
HBライン 残り
Sライン  最遅ドサイドン(40族)抜かれ

・技
エナジーボール:いると面倒に感じる草4倍弱点ポケモン
めざめるパワー(炎):まともに動かれたらこっちが崩壊しかねないカミツルギ意識
いかりのこな:主にサーナイトを守るため
キノコのほうし:こいつの2番目に強い技と思ったため


カプ・コケコ

f:id:tomoshi9:20170104175520p:plain

・ステータス
性格:ひかえめ
特性:エレキメイカー

努力値:H4 C252 S252
実数値:146-x-105-161-95-182

調整目安:
CSぶっぱ
眼鏡フィールドなし10万でで天候ダメ1回入ったHぶっぱレヒレをかなりの確率で倒せる

・技
10まんボルト:命中安定単体技
ボルトチェンジ:高火力をぶつけつつ、有利な状況を作るため
マジカルシャイン:威力は控えめだが、あれば便利な全体技
ほうでん:避雷針相手に怯えないように


ランドロス(霊獣)

f:id:tomoshi9:20160815181618p:plain

・ステータス
性格:ようき
特性:いかく

努力値:H84 A148 B4 D20 S252
実数値:175-184-111-x-103-157

調整目安: 
HDライン サイコフィールド上補正有りCぶっぱテテフのサイキネ耐え
Sライン  最速
残りA

・技
じしん:中火力全体技兼Zで超高火力単体技
いわなだれ:メガリザYへの削り、ミラーに唯一通る物理技、運勝ち技
ばかぢから:対バンドリや味方を巻き込めないときに
まもる:場持ちをよくするため


ポリゴン2

f:id:tomoshi9:20170201081129p:plain

・ステータス
性格:ひかえめ
特性:ダウンロード

努力値:H244 B44 C132 D68 S20
実数値:191-x-115-156-124-83

調整目安: 
HDライン 補正有りテテフのサイコフィールド上サイキネZ、気合い玉Z耐え(らしい)
HBライン テテフの前で動ける耐久振りカミツルギのZ聖剣低乱数1発(らしい)
Cライン  Hぶっぱレヒレに最低4割 
Sライン  S4振りテッカグヤ抜き

・技
10万ボルト:バンギの弱点を突いてくる水タイプなどに
れいとうビーム:速攻で処理しないとバンギが腐る霊獣ランドロス意識、パーティで重めな草タイプにも刺さる
じこさいせい:2回目のトリルを貼る可能性を上げるため
トリックルームバンギラスを暴れさせるため、対追い風


バンギラス

f:id:tomoshi9:20151215022103p:plain

・ステータス
性格:いじっぱり
特性:すなおこし

努力値:H76 A212 B4 D172 S44
実数値:185-199-131-x-142-87

調整目安: 
HDライン 砂嵐下で補正有りCぶっぱレヒレの眼鏡マジシャ2耐え
Sライン  無補正無振りトノに抜かれて60族付近のポケモンの上を取れそうなところ
残りA

・技
いわなだれ:運勝ち可能な中火力全体技
かみくだくギルガルドに抜群で入る命中安定単体技
けたぐり:ミラー、ヒードラン意識
まもる:守る+ポリ2のトリルで立場を逆転できるように

個別コメント

f:id:tomoshi9:20170904231200p:plainサーナイト

この構築の軸、と冒頭で述べましたが、実際にはとにかく相手を削る役。6世代に比べフェアリースキンは弱体化されましたが、個人的にはあまり気になりませんでした。この構築を使用して始めのほうでは、コケコのボルチェン+ハイボで耐久に厚いメガガル倒すぞ~って思っていましたが、最近はガルが速くなってきていますし、そもそも猫考えるとそんな強気に動かせるわけがありませんでしたw。そのかわり?とは少し違いますが、ランドと一緒に出して威嚇でサナを保護しつつ、Z+ハイボで色んな相手を倒すことが割とありました。めざめるパワー地面はハイボの通らない、ドラン、ガルドへの削り。採用しないことも考えましたが、バレルを一緒に出しづらくなること、また、バンギの弱点保険を自発的に発動できることを考え最終的に採用を決定しました。ちなみにめざ地なので3V王冠使用個体です。

f:id:tomoshi9:20170904231332p:plainモロバレル

サーナイトを守るためにパーティに入れましたが、選出率はあまり高くありませんでした。最近はキノコのほうしの通りもよくないですし、雨に対してもペリッパーの台頭やルンパのミズZを考えると、むしろ弱い部類に入ると感じました。エナボはあまり撃たなかったので、構築単位で重いブルルに効果的なヘドロばくだんはありかなと思います。持ち物は一応物理への削りを意識して。オボンでもいいのかもしれない。草技がエナボなのは耐久無振りメガラグを乱数で落とせるようになるため。今回の構築において、こいつの1番強い技は怒りの粉だと思っていますし、基本的にそれしか撃ち(て)ませんでした。

f:id:tomoshi9:20170904231400p:plainカプ・コケコ

エレキフィールド上控え目眼鏡の火力がやばい。H振りカポエラーが確定、H4振りテテフが乱数で吹き飛びます。守れないので初手霊獣ランドロスの対面がめんどくさそうになると思っていたのですが、サナが威嚇パクったり、こちらのランドの威嚇やその脅威で割と動かせました。ランドと併せての放電も強かったです。火力の目安は耐久無振りルカリオが5割で落ちるくらい(バトルツリーでそんな対面があったのでこんな例に)。けれど、マンダが楽なパーティかと言われたらそうでもないので、少しでも強く出るための臆病も全然ありかと思います。

f:id:tomoshi9:20170904231425p:plainランドロス

サナ、コケコ、ポリ2を動かしやすくしてくれたありがたい存在でした。霊獣ランドロスを使うのに苦手意識がありましたが、最速Zは使い易かったです。最初はチョッキを持たせようと考えていて、実際欲しい場面はないわけではありませんでした。しかし、ここ以外にZを持てなさそうで(コケコは眼鏡で採用したく、バンギの選出は多くないと想定していたため)、Zなしのパワー不足を嫌った積極的でない採用でしたが、あまり警戒されていないらしく割りかし刺さったので結果的に成功だったかなと思います。よっぽど雑に撃たなければ、スカされることは少ないです(スカされたら勿論きついですが)。

f:id:tomoshi9:20170904231507p:plainポリゴン2

S操作役で、地面、岩、鋼に弱すぎずランドロスに打点があるトリルをうてるポケモンがこいつくらいしかいませんでした。ダウンロードであるのは、砂下で万が一相手の雨をトレースしたらゲームが終わってしまうためです。しかし、結構Cが上がることも多かったですし、それが重めなカグヤ、ブルルへの打点となり助かることもままありました。調整のところで(らしい)となっているのは、他のブログの調整をパクったためです。

f:id:tomoshi9:20170904231528p:plainバンギラス

こいつの調整もベースは上記のポリ2と同じ構築から引っ張ってきました。調整が直接活きたかはわかりませんが、特殊相手に強気に動かせるのでよかったです。トリルで動かすつもりなら、最遅でもいいと思われるかもしれませんが、基本的にはサナランドコケコ+1のつもりですので、非トリル下でガルドを抜ける可能性を高めるちょいS振りにしました。実際、トリル下で速くて困った場面は80戦くらいして、相手のバナを麻痺らせてしまったときの1回のみだったので問題なかったかと思います。持ち物は最も火力の上がる弱点保険。サナのめざ地、バレルのエナボ、(やりたくはないけど)ランドの地震で自発的に発動が可能です。

選出

やりたくて、強い選出は、
先発 f:id:tomoshi9:20170904231200p:plainサーナイトf:id:tomoshi9:20170904231425p:plainランドロスf:id:tomoshi9:20170904231400p:plainカプ・コケコから2体
後発 上記で先発でない1体+残りのどれか

積極的にしたくはないが、そこそこ強かった選出は、
先発 f:id:tomoshi9:20170904231400p:plainカプ・コケコ、f:id:tomoshi9:20170904231425p:plainランドロス
後発 f:id:tomoshi9:20170904231507p:plainポリゴン2、f:id:tomoshi9:20170904231528p:plainバンギラス でした。

戦績

第6回SPLオフダブルの部 準優勝
シーズン5ダブルレート 瞬間最高レート1910
f:id:tomoshi9:20170905002336p:plain

(9月12日 追記)
シーズン5最終はこんな感じでした。
f:id:tomoshi9:20170912193515j:plain
見映えは上の方がいいですが、自分としては最終の方が価値を感じるので。

QRパーティ

3ds.pokemon-gl.com

よかったら使ってみてください。

オフの感想

優勝は狙ってはいましたが、できすぎでもあったと思います。
予選は6連勝からの1敗で抜けたのですが、立ち回りの未熟さもあって最初3つは5割より低い確率を引いていたので、この日は「持って」いました。
優勝という結果は手に入りませんでしたが、オフの中で1番いい成績を残したかったSPLオフで結果を出せたのは素直に嬉しいです(具体的にどれくらいかと言うと、タイトルに戦績を載っけない人間が大々的に戦績を書くくらい)。
対戦は勿論でしたが、一次会での久しぶりのサークル員との会話、別の参加者との関わりも楽しかったですし、自分の宣伝によって来てくれた方もいたのでありがたかったです。
ガチ対戦をしたくて来た人と、それとは少し違って交流を楽しみに来た人との割合も程よく感じ、いい意味でSPLオフらしくてよかったと思います。
現在は社会人となったため、所属こそしてないですが、いつまでもSPLが好きですし、また、他の方にもSPLを好きでいてほしいと思っています。これからもSPLをよろしくお願いします。

超雑記(完全に個人の趣味で記述)

読んでも有益なことは一切ありません。
ただ自分が残しておきたかったことを書いています。

・パーティ名の由来
古のルールトリプルバトルで、過去に行われた大会「クリスマス・トライ」でサナバレルを使用しており、その時よりいい結果を残すぞ~という意味を込めて。

・ニックネームとその由来

サーナイト(♀)
Miku Lily:『デート・ア・ライブ』6巻サブタイトル。作中キャラ、誘宵美九から連想。

モロバレル(♂)
エリンギ:適当な茸の名前。

カプ・コケコ(-)
おうさつこう:『デート・ア・ライブ』作中に登場する雷の武器から。

ランドロス(♂)
リッキー:ダート(砂)で強い競走馬「コパノリッキー」から。

ポリゴン2(-)
たつかわ:元広島の迷(?)捕手達川光男さんから。火力そこそこの司令塔という意味で。

バンギラス(♂)
AwarDee:ダート馬「アウォーディー」から。AD振りという意味も。

ガチ対戦も好きですが、こういった構築名やニックネームを考えるというしょーもないことも結構好きですw。

おわりに

というわけで、第6回SPLオフについての記事でした。
ここ何個かの記事、レイアウトをころころ変えていて見づらさを感じた人がいるかもしれませんが、そこは試行錯誤中ですので許してください(結果による記事へのモチベの差ももあるのですが…)。
ちなみに、今回はゆぶね、てるるんの記事を参考にしています。見やすいからね。
また、長めなのも書きたいことが多いということなので、ちょっとどうしようもないかもしれません。書きたいことを書きつつ、見やすさも意識しているつもりではあります。

次回のSPLオフはおそらく3月位だと思います、自己紹介タイムが長くて(1時間弱)キツい(内容のヤバさが)ですが、面白いオフだと思っていますので、もしこの記事を読んでくださった人は一度、調べてみて、参加してもらえたら嬉しいです。


読んでくださってありがとうございました。




















自己紹介タイムでの、男性向けエロ本やその他やばいもの、SPLオフなららしくていいかな~って思っていたのですが、今回、女性の人(しかも高校生まで)が数名来ていたので、もしかしたら、自己紹介タイムの在り方を考えないと、SPLオフで逮捕者がでてしまうかもしれないと危機感を少し覚えております。