読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいともし

ブログ名は適当、というか人のネタのパクリ。なんかいいの募集しています。

トリプルのつるぎのまいファイアロー

トリプル

このブログ二回目の単体考察、というか紹介。
今回は真面目なファイアローです。

f:id:tomoshi9:20160419180127p:plain

トリプルのファイアローの多くは初手に出てきて、優秀な補助技(追い風、ファストガード、横取り)によって場を整えつつ、自身も攻撃に参加していく型が多いです。もしくは、裏から出てきて鉢巻きブレイブバードで負荷をかけてくることもあります。実際どちらの型も強いです。

ですが今回紹介するのはそれらとは一味違った強さを持つ、つるぎのまいファイアローです。


ファイアローPGLのデータを見てみると…

f:id:tomoshi9:20160419182157p:plain

画像のようにトリプルでのつるぎのまい採用率は低いものとなっております。
(参考までに、同時期のシングルでの剣舞採用率は30%程度でした。)

これだけ見ると、弱いのかなと思われそうです。
しかし、パーティに組み込んで使用したところ、先の二つの型にも劣らない強さを発揮したので記事にしてみました。


〇ステータス
185-146-91-x-89-147

努力値振り
HA252 S4

基本は火力と反動による消耗を考えてHAに振り切っていいと思います。

しかしトリックルームを張るパーティの場合、トリル下で相手のガルーラの先制技の上から攻撃するため、ミラーで先制するために性格を勇敢にして素早さ個体値を0にするのもありだと思います。


〇特性
はやてのつばさ…威力120のブレイブバードを先制技として撃てるように。つよい。


〇技
ブレイブバード…特性によりタイプ一致威力120の先制技に。強さは皆さんご存知かと。

つるぎのまい…今回の型の肝。奇襲性抜群。積めれば勝利がぐっと近づきます。

まもる…剣舞を積んでも積んでいなくても強力なアタッカーであるため狙われることが多く、役に立つ場面は多いです。

ここまではほぼ確定かと思います。


選択枠
フレアドライブ…素早さに努力値を振っていませんが、種族値が優秀なためトリプルの現環境にいる鋼タイプ(主にガルド、キザン、クチート)よりは速いことが多く、上から打てる機会は少なくないです。

はねやすめ…相手の守るや交代に合わせるなどすれば、長く生存可能に。ただ、耐久種族値の低さや複数の攻撃を受けることを考えると、使用には注意が必要でしょう。

おいかぜ…S操作も可能に。しかし、アローの耐久を考えると、一試合に積みアタッカーとS操作の両立は厳しいか。

ファストガード…優秀な技には違いないが、今回の場合、寧ろ他のポケモンでこいつを守りたいか。

よこどり…サポートとしては優秀ですが、ファスガと同様にこいつをサポートしたいか。


このあたりになるのでしょうか。


〇持ち物
お勧めはブレバの威力を上げてくれる「あおぞらプレート」「するどいくちばし」です。
確定一発の火力を出してくれる訳ではないですが、ちょっと削れれば多くの相手を持っていくことができます。たまーにギリ耐えされて泣くこともあるけど。

他の候補 
いのちのたま…もっと火力が欲しい方に。しかし、プレートでも十分な火力だと思えることや相手からのダメージ、ブレバの反動などを考えると更なる消耗は避けたいところではあります。

ぼうじんゴーグル…茸の胞子や怒りの粉、天候ダメによる消耗を気にせず戦うことができます。けれども、攻撃種族値が低く、積まない状態で戦うことも多いので火力増強アイテムが欲しいことは多いです。また腐り易いめなのもネック。

ちからのハチマキ…基本的にブレバを撃っていくポケモンなので、その火力を下げ、わざわざ他タイプの技の威力を上げる必要があるかと言われるとうーん…。


〇積みやすい相手
リザードン…晴れ下が多いとはいえ、炎技は半減で受けられるため。雨を降らせてあげればより安定します。

ヒードラン…リザと同様です。しかし、偶に原子の力を持っているので注意は必要。(とか言っておきながら自分は全くケアせず動かす。ぶっちゃけ通る。)

ニンフィア…メインウェポン、しかも全体技を撃ってくることが多いため負担は少なめです。ただ眼鏡ハイパーボイスだと4,5割削れてしまったり。その場合でも最悪1体はもっていけることは多いのでまあ。

クレセリアゴチルゼル…火力がなく、弱点も突かれないため。スキルスワップにはちょっと注意が必要か。

カポエラー…威嚇は邪魔だが、メインウェポンは半減で火力がないことも多いため。

ハリテヤマ…火力があり、サブウェポンも等倍で入りますが積むことはできます。威嚇を入れればより安全です。


トリプルで多いポケモンだとこんなところでしょうか。
これだけ見るとリザドラン系統には強そうですし、実際勝率も悪くなかったです。


〇ダメージ計算

ダメージ(攻撃146持ち物あおぞらプレート想定)

攻撃ランク-1
175-117(A1段階上昇194キリキザン命の珠不意打ち耐え)霊獣ランドロス 38.2%~46.2%
202-86ニンフィア 46%~53.9%
157-116カポエラー 85.3%~103.1%
131-87ドーブル 69.4%~82.4%

攻撃ランク±0
175-117霊獣ランドロス 58.2%~69.1%
202-86ニンフィア 68.3%~80.6%
136-70ギルガルド 61.7%~73.5%
221-134モロバレル 81.4%~95.9%
171-150ボーマンダ 46.1%~54.9%
176-130バンギラス 26.1%~30.6%
197-120(メガガルの意地っ張り捨て身耐え)ニョロトノ 50.7%~59.8%

攻撃ランク+1
175-117霊獣ランドロス 87.4%~102.8%
202-86ニンフィア 102.4%~120.7%
223-150クレセリア 52.9%~63.2%


ダメージ(範囲技はダブルダメージ想定)
晴れ下182(216霊ランドのダブルダメ岩雪崩を耐えるような個体の特攻の)メガリザードン かえんほうしゃ 52.9%~63.2%
晴れ下200命の珠ヒードラン ねっぷう 47%~55.6 かえんほうしゃ59.4%~70.8
177眼鏡ニンフィア ハイパーボイス 40%~47%
177プレートニンフィア ハイパーボイス 31.8%~37.8
146鉢巻ファイアロー ブレイブバード 88.1%~104.3%
172力持ちメガクチート ふいうち 61.6%~72.9%


トリプルでメジャーなポケモンではこんなところでしょうか。
霊獣ランドロスニンフィアに関しては個体数が多く、また仕留め損ねると大変なことになりかねないため特に重要と考え、細かく記しておきました。

(自分が使っていて覚えておいたら戦い易くなるかなと思ったポケモンを挙げていったので、意味のないダメ計に思えたら申し訳ないです。)


〇使い方
多くは有利な相手に死に出しし(基本的には端に)、ブレバで負担をかけていきます。

剣舞アローとは言っておいてアレですが、基本的にはブレバを選択します。

相手の守る、交代がみえるときには剣舞を押していきます。その場合でも、目の前のポケモンから攻撃を受けても平気な状態、若しくは攻撃されたときに味方の他2体の動きで大きなアドバンテージをとれる状態でないと、読み外したときに1体失うだけになってしまうので気をつけましょう。

積めたあとは、動かれなければいいポケモン、拘っていて守れないポケモンを狙っていけば試合を有利に運べると思います。択の場面では、困ったら守るを押すと集中されたりするので大きなアドを取れることも。


〇おすすめの仲間
トノルンパ…ルンパの高速猫騙しによるサポート、雨による炎技によるダメージの更なる軽減。また、アロー自身がトノルンパの苦手なモロバレルに大打撃を与えられ、ニンフィアにも手痛い一発をお見舞いできます。

壁貼りポケ…アローの耐久を補佐し、積める機会を増やします。だた、選出場面でアローの剣舞がばれ、奇襲性が損なわれる可能性が考えられます。

ピッピ…フレンドガードによる耐久補佐、この指止まれによるサポート、横取りによるファスガケア。しかし、この2体では詰んでしまう相手は少なくないため3体目をしっかり並べることが必要です。

メガクチート…威嚇による物理耐久のサポート、岩雪崩による(積んでいない)アローの火力不足のサポートも。トリル下で並べたときの制圧力は凄く、トリルが切れた後も強力な先制技を重ねることができます。
これだけだと他のポケモンでもよさそうな気もしますが、実際に使ってみれば言いたいことは感じてもらえると思います。


〇最後に
積めなくても高火力先制技で圧力をかけていけ、積めた場合には相手のポケモンをほぼ確実に1体はもっていけるため本当に強いポケモンです。使っていて個体数の少なさを不思議に思うくらいです。
また、積めたあとの相手をばったばった薙ぎ倒していく爽快感は病みつきになるので興味を持ったら是非一度使ってみて欲しいです。



読んでくださってありがとうございました。